電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > ポリ乳酸でカキパイプ開発へ

新聞記事

ポリ乳酸でカキパイプ開発へ

2022年02月14日


 公益財団法人海と渚環境美化・油濁対策機構は、天然植物由来の「ポリ乳酸」を使った漁具の開発に取り組んでいる。カキの養殖に使用する「パイプ」に焦点を当て、海鳥やクジラが食べても胃の中で消化し、しかも海中で一定の年数が経過すればバクテリアにより分解されるパイプの開発に着手。漁具としての高い性能と、海洋環境に優しい性質を備えた“二刀流”の機能を目指している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る