電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 豊洲市場むき身カキ低価格品中心に

新聞記事

豊洲市場むき身カキ低価格品中心に

2022年02月07日

動きが鈍い三陸・北海道産むき身カキ


 東京・豊洲市場のむき身カキの消流は価格帯で明暗が分かれている。低価格の小粒は量販店の吸い込みが良く、荷動きが順調だ。一方で高価格帯の三陸・北海道産は需要先の飲食業者、都心の駅ナカ店、百貨店、鮮魚専門店などが消極的で卸値が下がっている。大粒の品ぞろえに注力している卸業者の中には入荷量を絞って対応するケースも出ている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る