電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > いぶり中央・スケソ刺網水揚げ増産推移

新聞記事

いぶり中央・スケソ刺網水揚げ増産推移

2022年01月31日

スケソの荷揚げ作業(1月24日、白老港)


 いぶり中央漁協のスケソ刺網は昨季に比べ水揚量を伸ばしている。ただ、24日ごろから切れたのに加え、卵は水子が多数を占め、浜値がキロ70~60円と低調推移。道内他浜の沖底船の順調な水揚げなどを受け、地元加工筋のガラ相場も10月下旬以降90円で固定され、盛り上がりに欠く展開。着業者らは終盤戦での増産や価格上昇に期待を寄せる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る