電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 大槌サーモン養殖、増産視野に4月事業化

新聞記事

大槌サーモン養殖、増産視野に4月事業化

2022年02月07日


 日本水産株式会社(ニッスイ、東京都港区、浜田晋吾社長)は1月31日、連結子会社の弓ヶ浜水産㈱(鳥取県境港市、竹下朗社長)が4月から岩手県大槌町でサケ・マス類の海面養殖事業を開始すると発表した。2022年度はギンザケ、トラウトサーモン計400トンを生産する予定。増産を視野に入れ、新たな事業機会の創出など地域への波及効果も狙う。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る