電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > JRの旧社宅を新規就業者の住宅に活用

新聞記事

JRの旧社宅を新規就業者の住宅に活用

2022年01月31日


 鵡川漁協は新規就業希望者の受け皿として、JR北海道が日高本線・鵡川駅近くに保有していた旧社宅(写真)を活用する。1月21日にJR北海道と土地・建物を無償で譲受する契約を締結した。むかわ町の補助を充てて一部老朽箇所を改修した後、4月にも入居を開始する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る