電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 後志管内生産安定向けて養殖に熱視線

新聞記事

後志管内生産安定向けて養殖に熱視線

2022年01月24日


 スルメイカをはじめ回遊魚の不安定な水揚げなど取り巻く環境が厳しさを増す北海道後志管内。生産体制の安定化、漁家所得の向上を目指し、各地で養殖事業の確立に向けた取り組みが活発化している。カキやウニに加え、近年道内他浜でも実証試験が盛んなトラウトサーモン(ニジマス)とサクラマスの養殖も展開。自治体レベルでは、実現すれば道内初となるバナメイエビの陸上養殖を模索する動きも見られ、持続可能な漁業の実現に向け官民挙げて養殖に熱視線を送る。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る