電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 大阪・小倉屋、アルファ米使用「こんぶご飯」で新たな食べ方提案

新聞記事

大阪・小倉屋、アルファ米使用「こんぶご飯」で新たな食べ方提案

2022年01月24日


 小倉屋株式会社(大阪市、池上時治郎社長、電話06・6211・0012)が昨年発売した「をぐら屋こんぶご飯」は、同社の高級塩昆布「冨貴(ふうき)」とアルファ化米を使った商品。水かお湯を注いで待つだけと簡便性が高く、非常食やアウトドア、テレワーク、旅行などに最適で、新たな塩昆布の食べ方として提案する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る