電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 道産マダラ価格軟調も加工需要下支え

新聞記事

道産マダラ価格軟調も加工需要下支え

2022年01月17日

マダラの出荷作業(1月10日、余市郡漁協市場)


 北海道産のマダラは順調な漁況を背景に価格が軟調に推移している。年明け以降は道東の大手加工業者に原料出荷を手掛ける礼文島の船泊漁協が日量20~30トンと一定数量を供給。稚内や小樽の沖底船も日産数十トン単位を水揚げ。各地の好漁を受け、後志管内では浜間で価格差がみられ、主体の4尾入れが1箱当たり2千円台半ばとやや安値を付ける市場も。ただ、流通関係者は「昨夏の輸入減の影響で加工用の引き合いがあり、値崩れすることはない」との見方を示す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る