電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 岩内郡スケソ延縄回数伸びず苦戦

新聞記事

岩内郡スケソ延縄回数伸びず苦戦

2022年01月24日

高鮮度で荷揚げされる岩内郡漁協のスケソ


 岩内郡漁協のスケソ延縄はシケ続きで操業回数が伸びず、厳しい漁模様で推移している。一方、着業する第二十七福生丸(16トン)の山崎基広理事は「スケソの資源量自体は多い。とにかく回数次第」と今後の海況好転に望みを託す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る