電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 東京・豊洲市場の商流はオミクロン株影響で外食・輸出向けの需要急減

新聞記事

東京・豊洲市場の商流はオミクロン株影響で外食・輸出向けの需要急減

2022年01月24日


 東京・豊洲市場の消流は1月中旬からオミクロン株による新型コロナウイルス感染症の急拡大の影響で、外食・輸出向け商材が再び引き合いが弱まっている。21日には東京都に「まん延防止等重点措置」が適用され、飲食店の営業時間短縮が織り込まれたため、荷受や仲卸は飲食店の需要商材がさらに落ち込む事態を懸念している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る