電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 胆振産、ラウンジのチャージで発信

新聞記事

胆振産、ラウンジのチャージで発信

2021年12月06日

チャージで提供する海鮮プレート


 室蘭・胆振産を中心に魚食の魅力を発信する飲食店が11月、北海道最大の繁華街・札幌市のすすきのにオープンした。室蘭市公設地方卸売市場で仲卸を営む株式会社ヤマサン渡辺の山本晃弘社長(35)が新会社・株式会社山三を立ち上げて運営。昼の海鮮丼専門店に加え、夜はラウンジの業態でチャージに海鮮料理を提供。魚介類とナイトビジネスを掛け合わせ、水産流通の新機軸を追求するとともに、商談や情報交換など水産関係者の商機拡大に貢献するスポットの機能も目指している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る