電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 羅臼コンブ流氷対策で施設沈下

新聞記事

羅臼コンブ流氷対策で施設沈下

2021年12月06日


 羅臼漁協のコンブ養殖業者は、流氷対策で徐々に施設を沈下するとともに、生育促進のための間引きや移植といった手入れも進めている。
 これまでに、シケ早い下側の着業者中心に施設を沈下。11月中旬に沈め終わった着業者は「シケが大きいと沖に出られない日が続き作業が滞るため、この辺はほとんどの施設が沈め終わったのでは」と話す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る