電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 湧別の共律産業、カキ養殖原盤日量1万枚

新聞記事

湧別の共律産業、カキ養殖原盤日量1万枚

2021年12月06日

カキ養殖用資材のためのホタテ貝殻穴開け機(KM-60)


 カキ養殖の原盤製造を主力とする湧別町の株式会社共律産業(佐々木雅朗社長、電話01586・2・4751)は、原盤となるホタテ貝殻にきれいな穴が開けられる専用機械を導入・改良し、安定した供給体制を整えた。佐々木社長は「主産地・広島での販路拡大を目指したい」と力を込める。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る