電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 石巻市のヤマナカ、県産活カキの輸出開始

新聞記事

石巻市のヤマナカ、県産活カキの輸出開始

2021年12月06日

殻付き1個の重さは50グラムほど。水揚げ後も冷蔵で1カ月以上生存する


 水産加工・販売の株式会社ヤマナカ(宮城県石巻市、髙田慎司社長、電話0225・24・3373)は、塩竈市の浦戸諸島・野々島で養殖されたシングルシードの活カキの輸出を開始した。東日本大震災後、生産者や殻をむく「むき子」が減少する中、殻付きのまま高単価で出荷できるのは大きな魅力。海外流通に適した「潮間帯養殖法」を県内で普及させ、稼げる水産業の実現を目指す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る