電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城県水産振興協、ヒラメ資源を次代へ

新聞記事

宮城県水産振興協、ヒラメ資源を次代へ

2021年11月08日

放流サイズの体長8センチ以上に育ったヒラメ稚魚


 東北の豊かな海を次代に引き継ごうと、公益財団法人宮城県水産振興協会(七ケ浜町、永島宏理事長、電話022・253・6177)がヒラメ稚魚放流事業費捻出のためのクラウドファンディング(CF)を始めた。目標金額は875万円。稚魚購入費や放流経費などに役立てる計画だ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る