電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城県貝毒受け玉冷強化

新聞記事

宮城県貝毒受け玉冷強化

2021年11月08日


 宮城県漁協はホタテ共販事業の戦略見直しを急いでいる。これまでは活貝出荷がメインだったが、まひ性貝毒の発生件数が年々増加する中、貝毒を蓄積しない貝柱の販売にも力を入れざるを得ない状況。玉冷を海外に売り込んでいく考えだ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る