電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 理研食品、スジアオノリ陸上養殖スタート

新聞記事

理研食品、スジアオノリ陸上養殖スタート

2021年10月11日

種苗生産や収穫後の乾燥作業などを行う管理棟


 乾燥ワカメ商品で知られる理研食品株式会社(宮城県多賀城市、渡辺博信社長)が陸上養殖事業に本格参入する。岩手県陸前高田市米崎町地内に整備を進めてきたスジアオノリの生産施設が完成し、稼働を始めた。高級品のスジアオノリは温暖化などの影響で国内の主産地で減産傾向にある。種苗生産から養殖・収穫まで一貫して手掛け、当面は乾燥品ベースで年間5トンの生産を計画。天候や海水温に左右されないメリットを生かし、市場への周年供給を目指す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る