電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 胆振スケソ刺網は滑り出し低調

新聞記事

胆振スケソ刺網は滑り出し低調

2021年10月11日

水揚げされたスケソと網外し作業(10月6日、登別漁港)


 道南太平洋のスケソ刺網が1日に解禁した。胆振管内の主産地・いぶり中央漁協では台風の影響などを受け6日に初水揚げ。数量は16.5トンと振るわず、厳しい漁模様での滑り出しとなった。登別・虎杖浜地区の着業者は「沖合で泥が湧き、網が泥だらけ。スケソが網の上を通過するようだ」と嘆く。ただ魚探の反応は悪くなく、今後の海況好転に望みを託す。一方、初日の浜値はキロ99.5~79.5円と高値を付けた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る