電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > カナガシラの刺身で鮮度、うま味2日間維持

新聞記事

カナガシラの刺身で鮮度、うま味2日間維持

2021年10月04日


 石巻専修大(宮城県石巻市)の鈴木英勝理工学部准教授らの研究グループは、県内に豊富に水揚げされるホウボウ科の底魚カナガシラについて、2日間程度であれば新鮮な刺身として提供できるとの研究成果をまとめた。鮮度、うま味、歯応え、身色の4点を考察した。主要魚種の漁獲量低迷が続く中、漁業者の所得向上にもつながる低利用魚の活用に期待が集まる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る