電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > サンマ今年も厳しい漁況

新聞記事

サンマ今年も厳しい漁況

2021年09月27日

サンマの荷揚げ作業。低調な水揚げで推移(9月21日、花咲港)


 サンマ棒受網漁は9月下旬、公海を漁場に大型船主体の操業で根室・花咲港の荷揚げは週1回の頻度と厳しい漁模様を余儀なくされている。群れが小さく、痩せ細った魚体が主体で、根室漁協所属の大型船船主は「漁場にいる50トン程度のサンマを30隻で分け合っている」と苦境を話す。市況は高値で推移し、水産加工業者は生鮮送りや加工用の原料確保に苦慮。漁業者、加工業者とも道東沖での漁場形成による今後の増産に望みを託している。(7面に関連記事)

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る