電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 熊石の「北海道二海サーモン」規模拡大で企業化期待

新聞記事

熊石の「北海道二海サーモン」規模拡大で企業化期待

2021年09月06日


 八雲町と定置漁業者ら11人で組織するひやま漁協熊石支所サーモン養殖部会(南部健一部会長)が熊石漁港で養殖に取り組むトラウトサーモン(ニジマス)の「北海道二海サーモン」。過去2年の試験結果を受け、新たな漁業資源の創出に期待が膨らんでいる。イカなど前浜の水揚げが振るわず、工藤幸博組合長は「将来的には養殖規模を拡大し、サーモン養殖の企業化を実現させたい」と意欲を見せる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る