電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 大平昆布の海藻パウダー用途多彩

新聞記事

大平昆布の海藻パウダー用途多彩

2021年09月13日

種類によって色味や粘性、栄養成分などが異なる。粉砕粒度の調整も可能


 株式会社大平昆布(宮城県栗原市、藤田洋生社長、電話0228・25・3553)は、コンブやワカメなどを粉砕したパウダー商材の生産に力を入れている。食品やサプリメント、美容品など用途は多彩。端材も使うことで食品ロス削減を推進する。豊富な栄養・美容成分に加え、独特のとろみや色味が販路拡大を後押し。長寿社会を支える商材に育て上げたい考えだ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る