電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 札幌こんぶ屋店主の桑折さんパキスタンの学校給食に日高昆布を6年間提供

新聞記事

札幌こんぶ屋店主の桑折さんパキスタンの学校給食に日高昆布を6年間提供

2021年05月24日


 「昆布は命を救う」─。昆布巻きを柱に製造販売する札幌こんぶ屋(札幌市中央区、電話011・563・3360)の店主・桑折廣幸さんは、本業の傍ら昆布を通じた慈善活動にも携わってきた。NPO法人を通し、ヨード不足による健康被害に悩むパキスタン山岳部の村に昆布の提供を続け、現地にも赴いて子どもたちに昆布入りのスープを振る舞った。桑折代表は「遠く離れた地で昆布を必要とされていることに心が動いた」と当時を振り返り「この経験は一生の宝物」と話す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る