電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 後志沿岸コウナゴ減産

新聞記事

後志沿岸コウナゴ減産

2021年05月24日

コウナゴの箱詰め作業(5月18日、寿都町漁協市場)


 北海道後志沿岸のコウナゴ漁はここ2年の好漁が一転、低調な水揚げに苦慮している。漁期序盤でのシケ頻発や成育遅れなどが影響。一方、三陸などの不漁を受け、昨季に続き本州の加工筋の引き合いが強く、浜値は高値基調。寿都町漁協や島牧漁協などで漁獲されたコウナゴが上場する寿都町漁協市場では、5センチ程度の大サイズの下値が約900円と、昨季を約200円上回る状況。地元加工業者は原料の仕入れに不安を抱えている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る