電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 道産タコ出足強含み

新聞記事

道産タコ出足強含み

2021年05月17日


 北海道産タコは浜値が強含みの様相で滑り出している。製品在庫が低水準下、出足の水揚げが低調。加えてアフリカダコが冬漁の不振で搬入減の見通しとなり、加工原料の代替需要が強まっている。ただ、同様の品薄で高騰した2018年に消流の鈍化、相場の反落を招いており、コロナ禍による消費行動の変化も相まって警戒感が存在。価格形成は今後の漁次第で先行き不透明感を抱えている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る