電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手塩蔵コンブ初入札、品薄感で1割高スタート

新聞記事

岩手塩蔵コンブ初入札、品薄感で1割高スタート

2021年05月24日

入札前に品質を確かめる買受人


 岩手県産養殖コンブの湯通し塩蔵製品の今季初入札会が18日、大船渡市の県漁連南部支所であった。主力の長切1等の平均単価は10キロ約3千円と、前年同期を1割ほど上回る高値スタートとなった。昨季の大減産に伴う品不足感が買受人の確保意欲を促したとみられる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る