電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > ワカメ消費低迷、高値続く

新聞記事

ワカメ消費低迷、高値続く

2019年02月25日


 わが国のワカメ流通は昨年も消費低迷、高値が続いた。総務省の「家計調査」によると、全国1世帯(2人以上)当たりの購入数量は865グラムで前年より11グラム低下し8年連続1キロ割れ、平均100グラム単価は183円で2年連続最高水準。三陸ワカメの東日本大震災後の生産と産地価格が背景にあるようだ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る