電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 後志で新たな生産体制構築進む

新聞記事

後志で新たな生産体制構築進む

2019年02月11日


 後志管内で道が策定した「日本海漁業振興基本方針」などに基づく新たな生産体制づくりの挑戦が一歩ずつ前進している。余市郡漁協はムール貝やカキの養殖を推進。東しゃこたん漁協は今季から古平地区のキタムラサキウニ蓄養を漁業者主体に切り替える。官民連携による水揚げの安定や販売拡大の実現に、生産者の期待が高まっている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る