電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 昨年の昆布輸出 14%増460トンに回復

新聞記事

昨年の昆布輸出 14%増460トンに回復

2019年02月04日


 財務省の通関統計によると、2018年の食用干し昆布の輸出数量は前年比14%増の460トンと回復した。全体の6割を占める主力の台湾が同3割増となった。キロ平均単価は全体で同8%高の1766円。上昇傾向が続いており、昨年は10年前の09年と比べると34%高。商社筋は「道産昆布の価格上昇が根底にある」と話す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る