電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > ナマコ種苗量産へ 石狩湾に生産拠点 

新聞記事

ナマコ種苗量産へ 石狩湾に生産拠点 

2019年02月04日

北海道石狩湾で建設が進むナマコ種苗生産施設


 ナマコの大規模種苗生産施設が今春、石狩湾に竣工する。青森市の株式会社あうら(川越真実社長)が経営主体となり、札幌市のISF株式会社(澤井昌子社長)が西日本で実績を持つ「世界初の薬剤を一切使わない技術」という種苗生産・育成方法を導入し、30ミリ以上の稚ナマコの量産・販売を目指す。北海道産ナマコの資源維持・増大に寄与するとともに、ナマコの口腔保健機能食品の実用化・普及に向け、原料の安定調達につなげていく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る