電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > えさん漁協尻岸内地区 マからミツイシに軸足移動

新聞記事

えさん漁協尻岸内地区 マからミツイシに軸足移動

2014年02月10日

尻岸内の養殖の7割を占めるミツイシコンブ

 えさん漁協尻岸内地区の促成養殖は、マコンブ主体から製品化に手間の掛からないミツイシへの転換を徐々に進め、作業の省力化を図った。 高齢化する着業者の作業負担軽減や製品作りの人手不足解消、コスト削減などを背景にミツイシ主体へシフト。同地区の増輪正昆布養殖部会長によると、約10年前は施設全基数のうちマコンブ7割、ミツイシ3割だったが、現在はマコンブ3割、ミツイシ7割に逆転した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る