電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > サロマ湖産カキ、順調に出荷

新聞記事

サロマ湖産カキ、順調に出荷

2014年02月03日

結氷後のカキ水揚げ作業(1月28日、栄浦地区)

 カキの需要期を迎え、サロマ湖産の出荷が本格化している。結氷の遅れで水揚げに支障を来す地区もあるが、1年カキを中心に出荷は順調。身入りが良く、浜値は高値基調で推移しており、着業者は「全面結氷後の2月から、さらに出荷を伸ばしたい」と意気込んでいる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る