電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 釧路市の北海食品、いくら アジア市場開拓

新聞記事

釧路市の北海食品、いくら アジア市場開拓

2019年01月21日

厚生労働省の対米HACCP認定を取得したいくら・すじこ専用の第3工場


 釧路市の魚卵メーカー・北海食品(株)(佐久間章社長、電話0154・57・2339)は、アジアなど海外市場へのいくらの輸出に乗り出している。昨年1月末にいくら加工で厚生労働省の対米輸出水産食品取扱施設の認定を取得し、新規取引先の獲得に加え、自社独自の直接ルートも確立。今後も需要伸長が見込まれるアジア圏を中心に海外戦略に取り組んでいく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る