電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 第14次定置漁業権漁場計画、3海区で計12カ統減

新聞記事

第14次定置漁業権漁場計画、3海区で計12カ統減

2018年12月10日

 第14次定置漁業権(免許期間2019~23年)への切り替え作業は、漁場計画の策定が当初予定より遅れているが、11月末までに留萌、檜山、渡島、胆振の4海区が樹立。石狩・後志、日高、宗谷が12月中に告示予定の動き。十勝・釧路、根室、オホーツクは年明けになる見通しだ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る