電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 川崎北部仲卸協 「エイジングシート」で発酵熟成の鮮魚商品化

新聞記事

川崎北部仲卸協 「エイジングシート」で発酵熟成の鮮魚商品化

2018年12月03日

天然本マグロと比較しても変色はない

 神奈川県川崎市の川崎北部市場水産仲卸協同組合(北水協)は明治大学と株式会社ミートエポック(川崎市)の共同開発による日本初の熟成製造技術「エイジングシート」を活用した「発酵熟成熟鮮魚」を商品化した。鮮度を保ちながら熟成してうま味成分を増やしている。水産物卸売市場の取扱量が減少する中、産官学金連携による川崎発の新ブランドとして売り出していく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る