電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > カムリッチフーズ 産地支援、付加価値に

新聞記事

カムリッチフーズ 産地支援、付加価値に

2018年11月26日

道産食材97%使用の「産直仕入れの北海道定食屋 北海堂」(札幌・ススキノラフィラ地下2階)

 「北海道炭焼きイタリアン酒場 炭リッチ」を中心に飲食店を道内外に30店舗以上展開する株式会社K.A.M rich foods(カムリッチフーズ、本社・札幌市、平野健太社長)は、「地域活性化」を外食の新たな付加価値に掲げ、産地支援で差別化の新戦略を進めている。3月には宗谷管内9町村でつくる宗谷町村会と包括連携協定を締結。道産食材を活用したメニューや自社ブランド商品の開発、情報発信など食で地域の魅力を高める取り組みを加速させている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る