電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > ホタテけた引 オ海北部4単協終漁

新聞記事

ホタテけた引 オ海北部4単協終漁

2018年11月26日

3S中心だった枝幸漁協の水揚げ作業。水揚量は予想以上に伸びた(10月、枝幸港)

 オホーツク海北部(宗谷、猿払村、頓別、枝幸漁協)のホタテけた引が24日の枝幸を最後に終漁した。漁場造成を含む水揚量合計は前年比38%増の約14万6300トン。増産の主な要因は低気圧によるシケ被害の回復に加え自然発生貝が増加したため。組成は全般に小型傾向だったが漁場によっては3S以上も見られ、4単協とも前年実績、今季計画量を上回った。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る