電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 宮城養殖半成貝、根室産が増加

新聞記事

宮城養殖半成貝、根室産が増加

2018年11月19日

活魚車の水槽からたもで揚げられる半成貝。殻長は9~10センチ中心

 宮城県のホタテ半成貝養殖で11月前半、北海道・根室海峡産の活魚車による搬入が目立った。同海峡産の増加は近年の生残率から予想されていた。これまで主流の保冷車輸送に比べ、貝を下ろして分ける作業は手間どるが、生残率がさらに上がればと期待される。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る