電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 沙留漁港 新上架施設が稼働

新聞記事

沙留漁港 新上架施設が稼働

2018年11月05日

供用開始に向け、毛ガニ漁船で試運転が行われた新上架施設

 沙留漁協(横内武久組合長)が沙留漁港で建設を進めていた新上架施設が完成、11月上旬から稼働を始めた。1982年に供用開始した旧施設の老朽化に伴う更新で、クレーン式を採用。懸案だった上・下架作業の省力化と安全性の向上、維持・管理コストの軽減と併せ、7色に光る夜間照明などの機能も備え、漁業・漁港のイメージアップも期待されている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る