電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 玉冷、内販に陰り/原貝小型化で供給量伸びず

新聞記事

玉冷、内販に陰り/原貝小型化で供給量伸びず

2018年10月29日

 北海道内のホタテ水揚量が増加する中、焦点となった玉冷の消流は米国輸出の鈍化で内販に力を入れる年となった。シーズン当初から下方修正された製品価格に割安感が生じ順調にスタート。量販店でも消費が進み、課題とされた1万トンの内販消化も現実味を帯びている。ところが夏場以降、雲行きが怪しい。原貝の小型化で供給量が伸びず製品化の遅れが相場を押し上げている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る