電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 青森県秋サケ、序盤低調

新聞記事

青森県秋サケ、序盤低調

2018年10月22日

水温低下、漁本格化に期待がかかる秋サケ(16日、大畑市場)

 青森県の秋サケ漁は序盤、低調だ。主力の太平洋と津軽海峡は滑り出しの9月末ごろにいくらかまとまった程度。10月15日まで、三沢市場は7.5トン、前年同期比55%、大畑市場は17.4トン、同63%。魚体は小さめだ。価格はとくにメスが1200円前後と高い。水温が下がるこれからに漁好転の期待がかかる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る