電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 渡島噴火湾 加工貝またもへい死

新聞記事

渡島噴火湾 加工貝またもへい死

2018年10月08日

今春の耳づり作業

 来年1月から本格出荷となる渡島噴火湾の加工貝(2年貝)が一昨年度に続き、またしても大量にへい死している。6単協(長万部、八雲町、落部、森、砂原、鹿部漁協)とも8月から9月にかけて多発しており、来年は、ある程度回復した昨季の水揚量を下回る可能性が高い。ここ数年続いている不安定な成育に関係者は頭を抱えている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る