電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 瀬戸内のカキ 陸上採卵・授精の種苗から海面移行に成功

新聞記事

瀬戸内のカキ 陸上採卵・授精の種苗から海面移行に成功

2018年10月08日

 合成繊維に詳しい岡山県倉敷市の赤埴(あかはに)薫氏が発案した海面での人工採苗技術「半天然二枚貝種苗生産システム」が試験段階で安定した着底種苗を生産している。実用化に向けて西日本ニチモウ株式会社、平田水産技術コンサルティング(広島)と共同研究。7月18日に同システムでホタテ原盤への付着を確認した。海面での成功は世界で初めて。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る