電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 日本水産 取扱魚の資源初調査

新聞記事

日本水産 取扱魚の資源初調査

2018年10月08日

 日本水産株式会社は、自社とグループ企業が取り扱う水産物の資源状態に関して初の調査を行った。2016年の1年間にグループが扱った水産物の数量は、原魚換算で約160万トン。構成比は天然魚93%、養殖魚7%。天然魚のうち、資源状態の心配ないものは133万3301トンで全体の88%。一方、「資源状態が心配なもの」「不明なもの」は10キロ12%の18万1363トンであることがわかった。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る