電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城カキ 3万円超38%高

新聞記事

宮城カキ 3万円超38%高

2018年10月08日

県漁協石巻共販所の初入札(9月29日)

 宮城県のカキむき身出荷が9月29日、始まった。10月1日まで3日間の合計は40.4トン、10キロ平均単価3万1193円。昨年同期比はそれぞれ81%、138%となる。県漁協は今季、昨年並みの1800トンの出荷を見込む。石巻エリアの県漁協3支所がASC国際認証を取得し、価格や需要などの動向に注目が集まる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る