電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 帯広市の魚道 十数年ぶり新規開店

新聞記事

帯広市の魚道 十数年ぶり新規開店

2018年10月01日

料理提案と調理サービスで鮮魚を売り込み

 帯広市の住宅街(西16条南4丁目)に8月下旬、鮮魚店が十数年ぶりに新規開店した。「魚道(うおみち)」(電話0155・67・1180)を店名に掲げ、「魚の道を通し、お客さんに幸せを届けたい」と、水産会社出身の能本博道店主。帯広市地方卸売市場株式会社から調達する鮮魚介類の品ぞろえ、調理サービスなどに加え、刺身商品を充実。特に養殖本マグロは特定ブランドにこだわり熟成処理を施している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る