電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 噴火湾稚貝へい死続出

新聞記事

噴火湾稚貝へい死続出

2018年09月24日

 噴火湾一帯で、採取したばかりの稚貝が大量にへい死している。地区間で差はあるものの、特に深刻なのがいぶり噴火湾漁協の虻田、豊浦、礼文地区。漁業者によると仮分散後の8月末時点で1漁家当たり8~9割が死滅しているという。渡島管内6単協でも例年以上のへい死を確認。このため全道各地の養殖漁家から緊急調達する動きが相次いでいる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る