電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > まひ性貝毒 仙台湾から流出、増殖か

新聞記事

まひ性貝毒 仙台湾から流出、増殖か

2018年09月10日

 まひ性貝毒の猛威が三陸沿岸で春から続き、とくにホタテで出荷自主規制海域が広がり長期化する中、宮城県水産技術総合センター(石巻市)で8月30日に開催された本年度試験研究成果発表会でこの貝毒が大きなテーマとなった。仙台湾の貝毒原因プランクトンが牡鹿半島以北に潮流に乗って流出、増殖に好適な水温が続いて増え、異例の貝毒発生につながった可能性が示唆された。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る