電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > サンマ好漁 三陸、早くも活発化

新聞記事

サンマ好漁 三陸、早くも活発化

2018年09月03日

早くも水揚げが活発化した三陸のサンマ(8月28日、大船渡港)

 大船渡、気仙沼、女川の三陸3港で8月28日、サンマの水揚げが合わせて213トンに上った。ロシア水域操業の大型船が1隻ずつ入り、気仙沼と女川は今季初。女川は昨季より20日余り早まった。サイズ組成も大船渡で140グラム以上57%などと良く、三陸で今季に期待が高まった。翌29日は宮古でも初水揚げがあり、4港合わせ5隻、524トンと活発化。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る