電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > ホタテ玉冷、内販が回復

新聞記事

ホタテ玉冷、内販が回復

2018年08月13日

昨年より消費が進む玉冷 (左)と序盤から好調な生むきホタテ(右)

 米国輸出の鈍化で国内消費が焦点となるホタテ玉冷は、4S以下を中心に量販店や回転ずしチェーンの消化が順調だ。北海道では大容量パック主体に売り場を拡大。100グラム298円の特売も見かけるようになってきた。一方本州量販店は納品先によって拡販に差があるようだが、総体的に「内販1万トン強の消化は可能な数字。回復傾向にある」とみる関係者が大半を占めている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る